ネット選挙運動における
グローバルサインの認証サービス

ウェブサイト用証明書

候補者・議員・首長・政党を認証し発行するSSLサーバ証明書。公式ウェブサイトにインストールすることで候補者・議員・首長・政党の公式サイトであることを証明し、悪意ある第三者によるなりすまし防止や、暗号化通信により個人情報のやり取りを安全にすることができます。

  1. 候補者・議員・首長・政党認証サービス
  2. ウェブサイト用証明書

サービス一覧

国会議員向け

  • 現職国会議員の方
  • 国政選挙候補者の方

地方公共団体首長・議員向け

  • 現職地方公共団体首長の方
  • 地方公共団体首長選挙候補者の方
  • 地方公共団体議員の方
  • 地方公共団体議員選挙候補者の方

政党向け

  • 政党公式ウェブサイト用

なりすましを防止

インターネット上では、銀行のウェブサイトなどでなりすましが数多く発生し、実際に不正送金の被害が起こっています。政治的な思想や注目度の高さからなりすましの発生が懸念されます。
ウェブサイト用証明書を導入し、専用シールをサイト上に掲出することで、閲覧者が「候補者・議員・首長・政党が運営する公式サイト」であることを一目で確認することができます。専用のシールをクリックすることで、証明書の内容が表示されます。

公式サイト専用シールについて

サイトシールでウェブサイトのプロフィールを表示

サイトシールの表示により、第三者認証局であるグローバルサインに認証されていることが一目でわかるため、ユーザに安心してサイトをご利用いただけます。 サイトシールをクリックすることによりサイトのプロフィール詳細が確認できます。
肩書関連情報が変更された場合、サイトシールに表示される肩書関連情報も変更されます。

「www.」有り無し対応

証明書お申し込み時に「www.example.com」のようなwww.で始まるコモンネームを申請をされた場合、「example.com」といったwww.が付かないURLへのアクセスにも対応可能です。
※携帯電話では「www.」が付かないURLへのアクセスにはご利用いただけません。

無償再発行

グローバルサインの電子証明書※は有効期間内であれば何度でも無償で再発行いたします。申請から発行まで全て自動化されているため、営業時間外でも数分程度で再取得でき、システム障害等で秘密鍵や証明書を紛失しても、すぐに復旧作業が行えます。

※ディスティングイッシュネームの変更はできません。ディスティングイッシュネームについてをご参照ください。

1枚の証明書で複数ドメインのSSL通信を実現

マルチドメインオプションでは、1枚の証明書で複数の別ドメイン(FQDN)でのSSL通信を実現します。サブドメインや、別ドメインを1枚の証明書にまとめることで、管理コストやライセンスコストを抑えるだけでなく、枯渇が進むIPアドレスを節約することができます。

※EV証明書では利用できません。

異なるFQDN(URL)でアクセスしても1枚のサーバ証明書でSSL暗号化通信を実現
ページのトップへ戻る